カテゴリー: メイク術

地味すぎる私でも地味と言われない方法!メイクで変わる人の印象・・・

私は、いわゆる「古風な日本人顔」で、よく「昔の美人」とか「紀宮に似てる」とか言われてきました。
また、「メリハリなくてダンゴ鼻」とかもよく言われましたし、紫外線アレルギーで日焼け対策をがっちりしてたら夜に白く浮かび上がるほど色が白いので、「死人みたい」とかも言われてきました。
コンプレックスは、がっちりしている眉毛、白すぎる頬、つぶら過ぎる目、あとダンゴ鼻と剛毛の髪の毛。
太くて表面はストレートに見えるのですが、内側がものすごい勢いで縮れていて、その部分を見た同級生に「スチールウールみてぇ」と言われたことも…。

ずっと気になっていたので、ファンデの色を濃い目にしてみたり、メガネのフレームを変えてみたり、色々やってきたのですが、30代に入って、美容部員さんに色々教えてもらって、美容師さんにもアドバイスをもらい、辿りついたのは現在のメイクと髪型です。

まず、色が白いのはもう長所だと思い、ファンデは首の色にがっちり合わせます。
保湿を毎朝シートパックで行い、日焼け止めクリームを下地代わりにしっかり塗って、クリームファンデを薄く塗ったらこちらも薄くお粉をはたき、余分な粉を落としつつ体温で定着させるように手で顔をあたためます。
チークは血色がよく見えるピーチ系を選び、アイメイクはラメがないタイプの下地を塗ってから暖色系のオレンジやピーチ系を施してからブラウンのラインを軽く引いて、
肌色を明るく見せるような赤が混ざったブラウン系のメガネをかけています。
セルフレームにしたら、視線がメガネの色に集中するようで目もぱっちり見えるようになったと言われます。
また、メガネのおかげかダンゴ鼻に視線が集中しなくなったようです。鼻はある程度ツヤがあった方がきれいに見えるようなので、あえて脂が浮いてきても脂取り紙を使うことはしないようにして、ティッシュで押さえてから体温で温めるのが唯一のメイク直しです。

髪型と髪色は、昔は赤系カラーを入れてもらっていたのですが、今は40代ということもあり、黒髪よりも軽く見えて、黄色く褪色しないような色で、なおかつ肌もピンクっぽく見えるような茶系のカラーを入れてもらっています。
この色にしてから、周囲から「すごく似合うね」と言われることが増えました。
あとは、髪型で色々遊んでいます。今はずっとロングやミディアムで、髪を結ばないといけない感じだったのですが、今はショートボブにして、なおかつアシンメトリーな長さにカットして、パーマをかけています。
おかげで華やかな席に行くにもちょっと編みこみやねじってピンでとめてパーマを出すだけで、やり過ぎ感がないようになりましたし、普段も年相応だけど若々しく見てもらえるようになりました。

私のように、昔の美人と言われるくらいの地味な印象の人は、イヤでなければメガネをかけたり、パーマをかけて遊んでも全然嫌味にならないようですので、カラフルなフレームのメガネをそろえたり、思い切りパーマをかけてもいいのではないかと思います。あとは、時々くっきりした赤い口紅をつけてみることをオススメします。
色々な人に意見をもらって、自分に合う色はどんなものかを見極めることも大切なことだと思います。メイクが楽しくなりますし、美容部員さんと仲良くなるとマッサージとかもサービスしてくれるようになってどんどんきれいになれるので、メイクコーナーや化粧品会社の担当さんが入っているお店を作ることもオススメします。

一重を活かしたクールメイク術!クールビューティーのすすめ。

ありきたりですが一重がコンプレックスです。
おめんのおかめを想像してもらえるとわかりやすいかと思います。
実の親からその目はあいてるのかとからかわれたことで自分の目の細さを実感すると同時につらい気持ちになりました。
そのうえ私の目頭は蒙古襞といわれている皮が厚く、瞼もはれぼったく二重を作りにくい構造になっているので二重のりやテープなどで二重を作ることがかなり難しいのでごまかしがききません。
そこで私は目だけにとらわれるのではなく、顔全体のバランスを整えるようにメイクするようになりました。
一重は海外ではクールビューティーといわれる個性であることを知ったので、目を縦に大きくするのではなく、横長にクールに見せる努力をしています。
やり方は基本的なことや簡単なものばかりです。
まず普通にベースメイクを終えたらアイブロウから始めます。アイブロウは細すぎると目の小ささ、細さを際立たせるので程よく太めに仕上げます。
また眉の印象が強くなりすぎないようアイブロウマスカラなどで元の毛よりも色を薄めに仕上げます。
次はアイラインを引きます。黒色のアイラインを引くと色が強すぎてしまうので、ブラウンがおすすめです。
ブラウンのアイラインは目尻よりも3ミリほど長めに引きます。顔のバランスを見ながら程よく長く引きます。
ラインは下げ目に引いた方が目が大きく見えるそうです。
次にアイシャドウです。瞼が腫れぼったい人はパール入りのアイシャドウはより肉厚感が出てしまうのでパールなしなものがおすすめです。
一重の場合、目を開けたままアイシャドウを塗るとうまくぬれます。
目を閉じて塗っても塗った場所が目を開けたとき中におりこまれてシャドウが見えなくなってしまうからです。
気持ち目尻側は幅を広めに横長に塗ります。
目の下白のパールで涙袋をつくり、茶色のアイシャドウで涙袋の下に影をつけます。
涙袋を作ることにより、一重の細い目をたてに大きめに見せる効果があります。
目の下のラインがまっすぐな人は、薄い茶色のアイシャドウをさっと塗っても目元が強調されます。
目尻側の下瞼には濃いめのアイシャドウを塗るとより目元を強調することができます。
マスカラは上まつげよりも下まつげをきちんと塗って下に幅を広くとることをイメージすると目がぱっちりと見えます。
また上まつげも目尻側を一番長くなるように塗ると、クールな印象になります。
どれもありきたりなメイク方法ですが、一つ一つが一重を綺麗に見せることができる技です。
目の大きさもアイドルのようにぱっちりしたものでなくても、クールで知的な印象のメイクになると思います。
個性を上手に使えばチャームポイントに化けることもあります。
自分の顔をよく観察し、バランスが整うポイントを把握するとおのずと必要なメイクもわかるので是非自分の顔を嫌わず観察してみてください。

低い鼻と丸い顔を目立たせない方法|私のメイク法!

まず私の顔立ちから紹介したいと思います。
私は濃い顔でも薄い顔でもなく、言うとすれば特徴のない顔です。
鼻は低い、二重ですが大きくも小さくもなく丸い目、薄くも厚くもない唇、そして少しポッチャリとした体型なので丸い顔。
目や唇はメイクでなんとでもカバーできるのですが、鼻と輪郭だけはうまくカバーする事ができず悩んでいました。

中学高校と進むにつれてハッキリとした顔立ち、個性的な顔立ち、色々な可愛い女の子がでてくる中、
自分はどういう格好、髪型、メイクをすれば可愛くなれるのか。ずっと悩んできました。

そこで長年色んな方法を試し、研究し、たどり着いた結果。
「隠しちゃダメ!」という事に気が付いたのです。
鼻を高く見せたくてノーズシャドウを頑張ってみたら、頑張ってる感が消えず。
顎を細く見せたくてハイライト、シェーディングを頑張ってみたら、IKKO感が消えず…。

まず、髪型。
1.髪の毛は前髪を重たく残すのではなく韓国風にシースルーバングでおろす
前髪をかきあげにして全部あげてしまうと、顔がでかく見えてしまうので注意!!
2.横の髪の毛で顔を隠すのではなく後ろでお団子にする
※後れ毛やこなれ感を忘れずに!(意外とこの子達、顔のお肉もカバーしてくれるんです!)

次にメイク。
1.ノーズシャドウは小鼻までひかず途中まででフェードアウトさせる
小鼻までがんばってしまうと、ノーズシャドウひいてます感がバリバリにでてしまいます。
※プロの方はうまくできるのでしょうが、素人の私には頑張ってもうまくできませんでした。
2.頬骨の下の少しへこんでいるところにシェーディングを薄く入れ、チークを上から被せる
するとチークで緩和され頑張ってる感もなくなり、頬が少し細く見えるんです。
顎下にがっつりシェーディングを入れるのではなく、ほかの所でカバーします。
3.カバーするのは他の部分で!
アイメイクは最近薄いのが流行りですが、鼻が低い場合は残念ながら大半の人は薄いアイメイクは合いません。
アイラインを少しオーバーにひいてみたりで目をでかく見せることによってそこに目をいかせるようにします。

これらにたどり着いたその瞬間から、友達に「痩せた!?」「そっちのほうがいいよ!」と
いわれるようになったのです。

嫌な部分を隠すのではなく、あえて隠さず他の部分でカバーさせてあげることによって、気付いた事。
みんな自分が気にするほど、コンプレックスにさえ気付いてないということでした。

卵型の顔を細く見せたい!そのための裏技メイクとは!?

私の輪郭は昔から卵のようです。
小さい頃はなんとも思っていませんでしたが、小学生高学年ぐらいの時でしょうか、家のこたつでくつろいでテレビを見ていた時におばあちゃんに「あごのお肉がすごいね〜」と言われ、初めて自分のあごのお肉に気づきました。そのときはとてもショックで、でもそれをどうすれば良いのかもわからず、気にしないようにしました。あとはなるべく顎下のお肉が気にならない少し顎を上げた体勢で乗り切っていました。
思春期になると太ってきてより一層目立つように…。でも若いのでそこまで気にしていませんでした。でもやっぱり20歳頃になると気になってしょうがなく、美容院に行った時など、オシャレな空間でパンパンな自分の顔を鏡でさらされる事がとても苦痛でした。なんとかならないかと思い始めて周りにバレないように試行錯誤。
まず最初に試したのが痩せること。まあこれは第一条件ですよね。とりあえず頑張って頑張って5キロほど痩せれたのですが、当たり前ですが生まれつきの骨格は変えることができず、前よりは少しはシャープになりましたが満足いくものではありませんでした。
次に試したのが髪の毛で隠す方法です。髪を伸ばし顎あたりにシャギーを入れてもらう事によって、顎は隠すことができませんが、ほっぺのあたりが隠せて、なんとなく細くなったように見えました。しかしずっとその髪型でいるわけにもいかず、何年かは続けましたが結局その場しのぎでした。
その後就職した先では制服で帽子をかぶらなくてはならず、急にピンチが訪れました。帽子をかぶることによって私の顔があらわに…。もうこれは早急になんとかしなければならないと思いました。
そこで試したのがメイクの時にシャドーを入れること。シャドーとは影のこと。影をつけるとほっぺや顎の下が暗くなってほっそり見えます。どこの化粧品売り場でもシャドーが売っています。ファンデーションより暗めの茶色に近いベージュで、物によってはブラシも付いていたりするので、気軽に試せました。金額も1000円しませんでした。そしてこの方法がなかなかのヒットで顔を細く見せることに成功しました。ハイライト(白のパウダー)でティーゾーンを明るくした後にほっぺから顎下にかけてシャドーを入れると、顔に陰影が付いてのっぺりした卵型の輪郭にメリハリが出ました。
やはり骨格はどうする事もできませんが、このメイク方法によって私はとても助かっています。

頬が極端に長いのを隠せるメイク方法。

私は全体的に見てルックスがかなり劣っているのですが、その原因の1つが頬の部分が長めだということが挙げられます。そのため全体的にアンバランスな顔になっていて、面白おかしく見えてしまうのだと思っています。その頬が長くて余白がある状態は子どもの頃からだったので、小学校高学年から特に自分が何も悪いことをしていなくてもイジメられることが多かったです。理由についても顔が変だからと言っている子もいたので、自分の見た目が人に迷惑をかけているような状態だったのおは間違いないと思います。

18歳になってからはメイクができるような環境になたことから頬の長さを目立ちにくくさせようと思ったのですが、当時は見た目を変えられるようなメイクがどんなものなのかがよくわからず相変わらずコンプレックスを抱えたままで恋愛もできない状態でした。しかし20代半ばになってからメイクをするにあたって便利なアイテムが多数出てきたことから、それらを利用して頬の部分を長く見せないようなメイクをするようになりました。この方法は特に難しいものではなく、不器用な私でもできるものです。

使用するアイテムはマスカラやアイシャドウ、カラコンといった誰もが使えるようなアイテムです。適度に着色直径の大きなブラックもしくはブラウンのカラコンを使用し、マスカラやアイシャドウをすると目が強調されるということから頬部分の余白に目が行かなくなって見た目のバランスがよくなるようです。また美人に見える人は眉毛と目の間が狭い傾向にあるということを聞いたので、眉毛も自眉より少し下げて描くようにしています。このように目の部分を強調していくことでルックスにコンプレックスを感じるようなことはなくなり、周囲からは逆に美人に見られるようになりました。

そのおかげかは知りませんが、男性からのアプローチを受けやすくなったりあるいはナンパされることも増えました。25歳の時にはある男性から熱烈なアプローチを受けて結婚することになりました。

そして40歳になった現在でも同じようなメイクをしているのですが、見た目は5歳は若く見らることが多く、中には10歳若いと思った人もいたようです。メイクによって自分のコンプレックスをはねのけて自信が持てるようになったのですが、欲を言えば18歳の時にコンプレックスが取り払われていればもう少し恋愛や就職がうまくいって人生が充実していたのではと思い悔やんでいます。

今は、メイクに加えて、アリシアクリニックで脱毛なども行っている日々です。

タレ目をつり目に見せ、目力をアップするメイクとは!?私の方法!

私はタレ目です。目は大きい方ですが、タレ目のせいなのか目力が強くないですし、気が弱そうに見られて年下からも舐められる事が多いですし、なんとなく締まりのない顔に感じて強いコンプレックスを持っています。キツメの美人に憧れますが自分には程遠くて、特に女の世界でも甘く見られるというのか、クラブ活動の時も、真剣にやっているのにおっとり見られるせいか「ちゃんと真面目にやって!」とキツイ系女子に言われる事が多くて悔しい思いをしていました。
そんな私ですから、メイクを始めた時は自然とキツイ系のメイクに興味を持ちました。当時は浜崎あゆみさんの全盛期だった事もあり、特にアイメイクに力を入れていました。このタレ目を少しでもつり目に見せる為には、大事なのはやはりアイラインです。一番最初は黒のペンシルタイプを使っていましたが、少し優しい印象になるので、もっとキツく見せたかった私はリキッドタイプに変えました。目元から目尻までしっかりとラインを引き、目尻側はハネさせるのがポイントです。このメイクは浜崎あゆみさんもやっていたのですが、つり目に見えるし可愛らしいのでオススメです。そしてちょうど真ん中、黒目の上辺りの部分を少し太めにすると、更に目も大きく見えますし目力が出ます。マスカラをたっぷりと塗るのもポイントです。先にビューラーでまつ毛を根本からしっかり上げておきます。根本から少しずつスライドさせるようにして2〜3回に分けて少しずつ上げていくと綺麗にくるん!としたカールが付きます。はじめにファイバー入りの下地マスカラを塗っておき、そのあとで黒のマスカラを塗ります。2〜3回重ね塗りするのが良いでしょう。もちろん下マスカラにもしっかり塗って下さい。マスカラを縦に使うと塗りやすいです。下まぶたには茶色のアイライナーを使います。下まつ毛の生えている部分を埋めるように、外側から3分の1くらいまでラインを引きます。全体に引くよりも、このくらいにした方がナチュラルでありながら目元を印象付ける事ができます。アイシャドウはブラウン系が良いです。できれば3色使いで、アイホール全体にはベージュよりのブラウンをぼかし、次にもう少し濃いめのブラウンを二重の幅より少し広めに塗り、最後は濃いめのブラウンを二重の幅ギリギリまで入れます。3色程でグラデーションをつけると目がとても立体的になり、目元の印象を更に強くする事ができます。この目元ハッキリつり目メイクをするようになってからは、キリリとした印象になり今まで言われた事がなかった「美人」という言葉を言われる事も増えましたし、舐められる事も少なくなったと思います。逆にキツそうな人と言われる事もありました。
メイクで印象が変わったのもありますが、自分の顔をメイクで作ることで自分自身の気持ちが変わり、性格も変わったというのもあるかもしれません。メイクは自分を変える魔法です。コンプレックスがある女性は是非メイクを研究して、なりたい自分を再現してみて欲しいです。

低い鼻、大きな鼻の穴、長い鼻の下に対するコンプレックスから解放されるには!?

コンプレックスは「鼻の長さが短くて鼻の穴が大きい」こと。その副産物として鼻の下が他の女性よりも恐らく長いです。写メなどではっきりとわかります。小学生の頃、近所の女の子に「●●ちゃんの鼻って豚みたいにこうなってるよね」と鼻を人差し指で上に向ける仕草をされバカにされたことがありました。高校二年生まではデブ、ブス、ブタと言われていましたが他のパ-ツは特に難を感じないのかそれ以外のことをからかわれたことはありません。大人になってから一度も顔のコンプレックスをあからさまに指摘されたことはありませんが、つい最近、親戚の入院見舞いに行ったとき、患者はベッドに横たわった状態で私の鼻の穴を見上げる態勢だったこともあって「お前、鼻の穴、大きいな」と指摘されました。

学生時代は慎重153センチ62キロと、かなり肥満していたため「ブス」とらかわれるよりも体形をずいぶんバカにされいじめられました。生まれつき一重瞼でしたが、中学二年生の時に、なぜか自然と両目とも二重瞼になりました。それ以来、ずっと二重のままなのでありがたいことです。鼻の二大コンプレックスについては、長い間「気にしない」以外の対策をせずにひたすら美人メイク、自分の最大のチャ-ムポイントである二重の大きな目と白い肌、厚めの唇をアピ-ルするメイクのみで充分満足していました。さらにノ-ズシャドウを効果的に入れることとハイライトパウダ-を使い頬骨、眉間、鼻筋、アゴ先を際立たせることで立体感を作り鼻の欠点から目を逸らさせる方法でやってきました。そして二年ほど前からネットでハナのアイプチと言われている「 CatMoz 」を見つけすぐに利用し始めました。

整形する必要が無いので「親からもらったありのまま」を否定することもなく痛みも無く費用もさほどかからずいいことづくめで愛用しています。それまでのメイクは目、肌、唇を最大限にきれいに見せるメイクを心がけ周囲の評価もとても良かったです。それだけで鼻の事は誰も何も言ってきたことはありません。その場合のメイクのポイントについては、まず目は「アイシャドウの単色づかいをしない事」が基本。必ずハイライトカラ-をベ-スに塗って最低二色を使います。アイメイクを制したかのように見せると周囲は「お化粧が上手」「グラデ-ションをつけられるなんて上級者」「お洒落な人」「綺麗な人」というイメ-ジで見てくれますから充分自分をアゲることにほぼ成功していると言えるたと思います。

他は口紅とチ-クカラ-の色の相性さえ間違わなければ常に合格ラインのメイクが出来ていると言えると思います。そのテクニックを身上としたうえで「CatMoz」を必要に応じて使って私のコンプレックス克服はほぼ成功できたと勝手に思っています。他の皆さんへのアドバイスとしては「コンプレックスにとらわれないこと」が大前提だといいたいです。自分が持っている「良い部分」「好きな部分」「可愛い部分」、つまり神様からのギフトをどれだけ磨き輝かせるかで欠点部分は完全に目立たなくすることは可能です。また、ヘアスタイルで美人として印象づけることも可能です。悲観する暇があるなら自分の顔を好きになる時間をもって下さい、それが出来れば大丈夫!とお伝えしたいです。