一重を活かしたクールメイク術!クールビューティーのすすめ。

ありきたりですが一重がコンプレックスです。
おめんのおかめを想像してもらえるとわかりやすいかと思います。
実の親からその目はあいてるのかとからかわれたことで自分の目の細さを実感すると同時につらい気持ちになりました。
そのうえ私の目頭は蒙古襞といわれている皮が厚く、瞼もはれぼったく二重を作りにくい構造になっているので二重のりやテープなどで二重を作ることがかなり難しいのでごまかしがききません。
そこで私は目だけにとらわれるのではなく、顔全体のバランスを整えるようにメイクするようになりました。
一重は海外ではクールビューティーといわれる個性であることを知ったので、目を縦に大きくするのではなく、横長にクールに見せる努力をしています。
やり方は基本的なことや簡単なものばかりです。
まず普通にベースメイクを終えたらアイブロウから始めます。アイブロウは細すぎると目の小ささ、細さを際立たせるので程よく太めに仕上げます。
また眉の印象が強くなりすぎないようアイブロウマスカラなどで元の毛よりも色を薄めに仕上げます。
次はアイラインを引きます。黒色のアイラインを引くと色が強すぎてしまうので、ブラウンがおすすめです。
ブラウンのアイラインは目尻よりも3ミリほど長めに引きます。顔のバランスを見ながら程よく長く引きます。
ラインは下げ目に引いた方が目が大きく見えるそうです。
次にアイシャドウです。瞼が腫れぼったい人はパール入りのアイシャドウはより肉厚感が出てしまうのでパールなしなものがおすすめです。
一重の場合、目を開けたままアイシャドウを塗るとうまくぬれます。
目を閉じて塗っても塗った場所が目を開けたとき中におりこまれてシャドウが見えなくなってしまうからです。
気持ち目尻側は幅を広めに横長に塗ります。
目の下白のパールで涙袋をつくり、茶色のアイシャドウで涙袋の下に影をつけます。
涙袋を作ることにより、一重の細い目をたてに大きめに見せる効果があります。
目の下のラインがまっすぐな人は、薄い茶色のアイシャドウをさっと塗っても目元が強調されます。
目尻側の下瞼には濃いめのアイシャドウを塗るとより目元を強調することができます。
マスカラは上まつげよりも下まつげをきちんと塗って下に幅を広くとることをイメージすると目がぱっちりと見えます。
また上まつげも目尻側を一番長くなるように塗ると、クールな印象になります。
どれもありきたりなメイク方法ですが、一つ一つが一重を綺麗に見せることができる技です。
目の大きさもアイドルのようにぱっちりしたものでなくても、クールで知的な印象のメイクになると思います。
個性を上手に使えばチャームポイントに化けることもあります。
自分の顔をよく観察し、バランスが整うポイントを把握するとおのずと必要なメイクもわかるので是非自分の顔を嫌わず観察してみてください。