卵型の顔を細く見せたい!そのための裏技メイクとは!?

私の輪郭は昔から卵のようです。
小さい頃はなんとも思っていませんでしたが、小学生高学年ぐらいの時でしょうか、家のこたつでくつろいでテレビを見ていた時におばあちゃんに「あごのお肉がすごいね〜」と言われ、初めて自分のあごのお肉に気づきました。そのときはとてもショックで、でもそれをどうすれば良いのかもわからず、気にしないようにしました。あとはなるべく顎下のお肉が気にならない少し顎を上げた体勢で乗り切っていました。
思春期になると太ってきてより一層目立つように…。でも若いのでそこまで気にしていませんでした。でもやっぱり20歳頃になると気になってしょうがなく、美容院に行った時など、オシャレな空間でパンパンな自分の顔を鏡でさらされる事がとても苦痛でした。なんとかならないかと思い始めて周りにバレないように試行錯誤。
まず最初に試したのが痩せること。まあこれは第一条件ですよね。とりあえず頑張って頑張って5キロほど痩せれたのですが、当たり前ですが生まれつきの骨格は変えることができず、前よりは少しはシャープになりましたが満足いくものではありませんでした。
次に試したのが髪の毛で隠す方法です。髪を伸ばし顎あたりにシャギーを入れてもらう事によって、顎は隠すことができませんが、ほっぺのあたりが隠せて、なんとなく細くなったように見えました。しかしずっとその髪型でいるわけにもいかず、何年かは続けましたが結局その場しのぎでした。
その後就職した先では制服で帽子をかぶらなくてはならず、急にピンチが訪れました。帽子をかぶることによって私の顔があらわに…。もうこれは早急になんとかしなければならないと思いました。
そこで試したのがメイクの時にシャドーを入れること。シャドーとは影のこと。影をつけるとほっぺや顎の下が暗くなってほっそり見えます。どこの化粧品売り場でもシャドーが売っています。ファンデーションより暗めの茶色に近いベージュで、物によってはブラシも付いていたりするので、気軽に試せました。金額も1000円しませんでした。そしてこの方法がなかなかのヒットで顔を細く見せることに成功しました。ハイライト(白のパウダー)でティーゾーンを明るくした後にほっぺから顎下にかけてシャドーを入れると、顔に陰影が付いてのっぺりした卵型の輪郭にメリハリが出ました。
やはり骨格はどうする事もできませんが、このメイク方法によって私はとても助かっています。