頬が極端に長いのを隠せるメイク方法。

私は全体的に見てルックスがかなり劣っているのですが、その原因の1つが頬の部分が長めだということが挙げられます。そのため全体的にアンバランスな顔になっていて、面白おかしく見えてしまうのだと思っています。その頬が長くて余白がある状態は子どもの頃からだったので、小学校高学年から特に自分が何も悪いことをしていなくてもイジメられることが多かったです。理由についても顔が変だからと言っている子もいたので、自分の見た目が人に迷惑をかけているような状態だったのおは間違いないと思います。

18歳になってからはメイクができるような環境になたことから頬の長さを目立ちにくくさせようと思ったのですが、当時は見た目を変えられるようなメイクがどんなものなのかがよくわからず相変わらずコンプレックスを抱えたままで恋愛もできない状態でした。しかし20代半ばになってからメイクをするにあたって便利なアイテムが多数出てきたことから、それらを利用して頬の部分を長く見せないようなメイクをするようになりました。この方法は特に難しいものではなく、不器用な私でもできるものです。

使用するアイテムはマスカラやアイシャドウ、カラコンといった誰もが使えるようなアイテムです。適度に着色直径の大きなブラックもしくはブラウンのカラコンを使用し、マスカラやアイシャドウをすると目が強調されるということから頬部分の余白に目が行かなくなって見た目のバランスがよくなるようです。また美人に見える人は眉毛と目の間が狭い傾向にあるということを聞いたので、眉毛も自眉より少し下げて描くようにしています。このように目の部分を強調していくことでルックスにコンプレックスを感じるようなことはなくなり、周囲からは逆に美人に見られるようになりました。

そのおかげかは知りませんが、男性からのアプローチを受けやすくなったりあるいはナンパされることも増えました。25歳の時にはある男性から熱烈なアプローチを受けて結婚することになりました。

そして40歳になった現在でも同じようなメイクをしているのですが、見た目は5歳は若く見らることが多く、中には10歳若いと思った人もいたようです。メイクによって自分のコンプレックスをはねのけて自信が持てるようになったのですが、欲を言えば18歳の時にコンプレックスが取り払われていればもう少し恋愛や就職がうまくいって人生が充実していたのではと思い悔やんでいます。

今は、メイクに加えて、アリシアクリニックで脱毛なども行っている日々です。